プログラミング

ITを学び変わったこと3選

今日は、エンジニアとしての原点に戻って
『ITを学び変わったこと3選』について書いていこうと思います。

3年前(2019年)には、地方在住で
知識なし、人脈なし、お金なし、
だった僕はITスキルを得ることで、人生が大きく変わりました。

働く場所に縛られなくなった

ITスキルを得ることで、一番大きく変わったこと。

それは、働く場所に縛られることがなくなったことだと思います。

エンジニア職はリモートワークが浸透したことで、
Wifiさえ通じる場所であれば、好きな場所で
働くことができます。

そのため僕は、奥さんと暮らす東京と、
地元であり好きな福島の2拠点生活を実現することができました。

*将来は、朝に奥さんと子供を見送って、
日中は家で仕事に勤しみ、ご飯を用意して
家族の帰りを待つ生活に憧れています

福島では、東京で繋がった人脈や知識をもとに、
県立&私立高校で情報講座を運営したり、
地方にいながら働ける開発現場の展開を目指しています。

 お金の不安が小さくなった

ITスキルを学んだことで、どの企業でも働ける、という自信を獲得することが、
できました。

事業を失敗しても
エンジニアとして働ければ、生活には困らないという安心感は、
挑戦する際の大きな心の支えになっています。

元々は、

・地方在住の大学生で、貯金が20万円
・資金難でボランティア団体運営を挫折し、
・コワーキングスペース運営を赤字60万円で閉所

していた僕ですが、およそ3年間で

・家族との生活のお金の不安がなくなり、
・本当にやりたい教育事業に専念でき、
・福島で高校生向け講座運営をする挑戦

出来るようになりました。

ここまで人生を大きく変化させるスキルは、
ITスキル以外に他には全く無いのではないかと思います。

 かけがえの無い仲間に恵まれた

ITスキルを学んだことで、普段何気なく生活していたら、
絶対に出会うことのなかった受講生や、ともに学び合う
仲間、挑戦しあう仲間に巡り会うことができました。

そして異業種だけれども、
ともに起業家として切磋琢磨しあう同世代の仲間や、
経営とは何かを教えてくれる先輩たちとも出会うことが出来ました。

時には旅行や遊びに誘ってもらい、今まで経験したことが無い体験や、
知らない世界を知ったり、一人では出来ないプロジェクトを立ち上げて挑戦したりと、
「やりがい」や「ワクワク感」のある日々を過ごすことができるように
なりました。

まとめ

ITスキルを得ることによって、人生を好転させる方法
には、再現性があると僕は確信しています。

人生を変えたい。

そのような想いを持っている人に伴走することに、
僕はとてもワクワクを感じますし、
実際に達成へ向けてサポートする活動にとても
やりがいを感じています。

2021年下半期は実際に、 Koheyさん、yukihikoさん、えびな しょうへいさんが、
フリーランスとして独立されました。

2022年の夢追人は誰でしょうか。

僕たちは皆さんの夢を全力で応援します。

我こそはという方はぜひ立候補してくださいね。