ビジネス

スペシャル対談企画「業界をけん引する2人が語るフリーエンジニアの今と未来」①

ご視聴頂いております皆さまこんにちは。
ではゆーやさんとSベンさんによるスペシャル対談企画、
『~業界をけん引する2人が語る、フリーエンジニアの今と未来~』
を始めたいと思います。

本日の対談企画ですが、きっかけは 探求ラボにSベンさんが遊びに来てくださった
ちょうど1か月前ぐらいに 2人の近況を伺う中で2つのサロン合同で、
何かできればいいよねというところで話が盛り上がりまして、
その場で対談企画が決定!今日に至っております。

今日はお2人にエンジニアブームのについてのお話や
フリーランスエンジニアになってからのステップアップ方法、
お2人の今やこれからについてここでしか聞けないお話を
伺っていきたいと思っています。

本日の進行を務めますきみぃと申します。よろしくお願いいたします。

では早速本日のご登壇している2人をご紹介させていただきます。

まず、石川祐也さん。

中学時代に福島県で東日本大震災を経験して、
その後復興のための教育支援を受ける中で教育の重要性と可能性を感じ、
自身も教育の道を志すように。
2016年東北大学に進学、教育ボランティアやコワーキングスペースに挑戦するが挫折。
その反省からエンジニアを軸にスキルアップし2019年私立探求学園を立ち上げた。

2021年8月には地元福島にて、株式会社クエストアカデミアを設立。
福島県立高校では、Pythonデータサイエンス講座を正課授業として指導も行う。
翌年4月には、福島オフィスを新規オープン。
福島県にて5名の開発チームの立ち上げに邁進している。

(ゆ)
久しぶりなのでゆっくり色々しゃべろうと思います。

(き)
略年表もありますので、後ほど皆さんにじっくり見ていただければと思います。

続いてSベンさん、よろしくお願いします。
本名は曽我部拓也さん。
大の勉強嫌いだったが、とあるきっかけでプログラミングの勉強を始める。
そこから勉強の楽しさに気付き、ビジネスなどたくさんの知識を吸収するようになる。

求人サイトを立ち上げようとするが、資金も技術力も足りずに挫折。
技術力を磨くと決め、正社員のエンジニアに。
ほぼ同時期にYouTubeをスタートし、最高1.4万人のチャンネル登録者を達成。

フリーランスエンジニアとして独立し売上を上げていき、アップスターツ株式会社を設立。逆転エンジニアサロンやイケエンなどの事業を手がける。

トップを突っ走るお2人ですので、色々と気になるところがあるので、
ぜひ今日はお2人にしか聞けないことをいっぱい聞いていこうと思っています。

実はご結婚されているのですね?

(S)
そうですね、子供が3人います。

(き)
3人いるんですね!?

(S)
21歳のときくらいです。

(き)
では早速お2人に色々と伺っていこうと思うのですが、
ここ数年空前のエンジニアブームのような潮流があったかと思うのですが、
今はその時に比べたら少し落ち着いているのではないかと
皆さん何となく感じられている方が多いと思いますが、
お2人から見たエンジニアブーム的なものについて今果たしてどう思われていきますか?

今も果たしてブームは続いているのかなど正直なご意見を伺えればと思うのですが。

(ゆ)
ずっと長くやられていたSベンさんから。

(S)
そうですね、エンジニアのブームが2年前とかバブルみたいな感じで
色んなインフルエンサーが皆いいよって言って、
一気に人気になっていったのですが、
そこから1年前くらいからまあ徐々に下火になりはじめた。

その理由としては色んな副業、たとえばせどりやデザイン、動画編集などがでてきて
分散していったのかなと。
ブームは落ち着いたけどエンジニア自体の良さやメリットは何も変わっていない。

(ゆ)
転職にチャレンジしている人はけっこういますよね。

(S)
そうですね、もうすでにチャレンジして転職なりフリーランスになる人は
なっている状況ですかねぇ。

(ゆ)
インフルエンサーさんが、さこさん、りゅうけんさん、イケハヤさんなどの発信内容が
仮想通貨などもっと上のレイヤーになっている。

同じレベルの人がめちゃくちゃいたと思うが、今はエンジニアの需要が延びている。
コロナで一時落ちたものが戻っている。
ライバルが一時期に比べて少なくなって、逆になりやすくなっている。

(S)
ピークの時はライバルが多すぎて転職活動もかなり難しい状況だったのですが、
今はブームが去ったので逆にチャンスだから、
なんで挑戦しないんだろうなって思いますね。

(き)
今こそが実は。

(S)
ピークに比べたらチャンスですね、ライバルが少ないので。

(ゆ)
ブームではないのですが最近ぼく自身も、開発事業、自分で取ったりとか
社員の案件探しするのですけど、案件自体はめちゃくちゃ来る。
パートナーの企業さんとかに聞いてもエンジンが足りないと言っている。

転職ブームは去っているが、需要としてはエンジニアはまだ集められているし、
Sベンさんもエンジニアとしてもしっかりと稼がれている。
なのでブームは去っているのですがエンジニアとしては今後も良い職業なのかなぁとは
思う。